top of page

コーチング型・次世代アファメーション

更新日:3 日前


コーチング, 次世代アファメーション, 開発者, 沼田慶幸, 國見亜希子, 自己変革, 無意識, マインド

この度、プロフェッショナルコーチの沼田慶幸さんと「コーチング型・次世代アファメーション」を共同開発しました。アファメーション(affirmation)とはコーチングの祖である故ルー・タイスが発見した言葉による自己変革方法で「一定のルールに基づいて作った言葉を自らに語りかける」ものです。今回、沼田コーチが従来の方法をセルフコーチング型、そして新たに開発したアファメーションをコーチング型と定義し、次世代アファメーションが誕生しました。



人間は古来より音や言葉を聴くことで自らの意識状態を変性させてきました。世界各国のネイティブ(先住民族)に受け継がれる歌や、身近なところでは神道の祝詞、仏教の真言・読経などが良い例です。


上記では神仏への祈りとして音や言葉が使われますが、耳から入る宮司や僧侶の声には、人々の雑念を消し、心を癒やし、その人が持つ本来の純粋な意識状態を呼び覚ます効果も多分に含んでいるように思います。


宗教が自分以外の大いなる存在を拠り所とするのに対し、コーチングは自分自身の能力と可能性を拠り所とします。


今回のコーチング型の次世代アファメーションは、あなたがあなた自身を拠り所として生きる際のオリジナルの祝詞のようなものです。なぜコーチング型の次世代アファメーションがマインドに効くのか、詳しい解説はこちらの限定記事に譲りますが、コーチが作成したTrackを聴くことで、一瞬にして雑念が消え、クリアな意識状態が出現します。


時には深い癒やしと過去の書き換えが起こるかもしれませんし、心の内にかつてないほどの躍動をもたらすかもしれません。同じTrackを聴いても、その日の状態や状況によって意識状態が変化し、さまざまな気づきが起こりますし、何より、聴く度に肯定的な言葉の数々が無意識に浸透して、あなたのマインドに変化をもたらし、起きてくる現実を変えていきます。


胎児, 人間の聴覚, 次世代アファメーション, 開発者, 沼田慶幸, 國見亜希子

私たちがこの世に生を受けて初めて聴くのは母親の声です。そして死を迎える際にも一番最後まで残るのが聴覚と言われています。つまり私たちの意識は、生涯を通して耳から入る音や言葉による影響を受けていることになります。


自ら言葉を紡ぎ自分の声を発して唱えるセルフコーチング型アファメーションと、コーチが高い抽象度で作成するコーチング型アファメーション。それぞれに異なる効果があり、例えば、この2つを併用することでも人生を望む方向へと加速させることができるでしょう。


私たちは自分の耳にどんな音や言葉を受け入れるかを選択することができます。コーチング型の次世代アファメーションは、あなたの現在に、深い癒やしと気づき、クリアな意識状態、未来へのヒントと大きな可能性をもたらし、より生き生きとした生命力を与えます。


Comments


bottom of page